喫茶店谷村新司

タニムラ&アリスについて。タニムラファンが書いています。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< サクラ 作詞作曲 谷村新司 | main | オリオン13 谷村新司 >>

花 作詞作曲谷村新司


オリオン13(初回限定盤)(DVD付)
「花」

「桜ソング」番外編ということで、今回は「花」です。
作詞作曲ともに谷村新司、歌ったのはモンゴルの歌姫
オユンナでした。『オユンナ2 黄砂』収録。

オユンナ II 黄砂
オユンナ II 黄砂


“永遠に散ることのない花を
 人は愛してくれるでしょうか
 優しい雨に うたれておちる
 儚さゆえ 人は愛するのでしょう

“花は花よ ひたすら咲く
 花は花よ ひたすらに舞う
 花は花よ ひたすら咲く
 花は花よ ひたすらに散る”

「春の優しい雨にうたれて散る花」が主題ですから、
基本的に「桜」のことを詠った歌といえるでしょう。

我国では「花」=「桜」ですが、中国ではどうなのでしょう?
ちなみに日本の国花は正式には定められていないようで、
「桜」か「菊」だそうです。そして中国ですが、最近国花を
どうするか投票が行なわれており「牡丹」「菊」そして「梅」
の3つがせりあっているそうです。

モンゴルだとどうなんでしょうか?草原に咲く花?
どなたかご存知であれば教えてください。

平安以前の中国文化の影響が強かった時代には日本でも「花」
=「梅」の時代もあったようです。「梅」と「桜」を比べると
『香り』に関して言えば「梅」、『派手さ』に関しては「桜」
という感じでしょうか。それぞれの花にそれぞれの良さ有。

ところで、オユンナのバックコーラスで歌っているのは、
やはり谷村さんですよね?

★今日のタニムラさんの順位は?
人気blogランキングへ

NEWアルバム予約受付開始↓
谷村新司オリオン13(初回限定盤)(DVD付)
谷村新司の曲 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tanimurashinj.jugem.jp/trackback/63
この記事に対するトラックバック
喫茶店 谷村新司
喫茶店谷村新司のバナーです。
(ぽんちゃん作成アリガトウ)
リンクの方ダウンロードでどうぞ。

京都関西グルメ本
関西のグルメ情報。
時々お手伝いしています。↓↑
≫京都旅楽【たびたの】

友達のブログです
京都旅楽
旅関係の友人達が正直な旅情報を!
というコンセプトで作っている旅サイト。
よかったら覗いてみてください。
情報が多くて結構役に立ちます。
≫旅楽トラベル【たびたの】

シニアおじさん
スポーツマンおじさんが語るスポーツ話
金融リタイアマン
会社を卒業した友人の株ひとりごと