喫茶店谷村新司

タニムラ&アリスについて。タニムラファンが書いています。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< マカリイ | main | デラ >>

「マカリイ」その2


谷村新司/十三夜/マカリイ(CD)

星の航海師についてこのブログで書くチャンスもそうそう無いと
思われるので、この際もう少し。

オーストロネシア祖語を話す人たちが揚子江流域、台湾あたり
から旅立ったのは紀元前4000〜3000年

フィジー、トンガ、サモアあたりにたどり着いたのは
紀元前1500〜1000年

マルケサス諸島を経てイースター島やハワイにたどり着いたのは
紀元後300〜1200年頃

イースター島なんていちばん近い島までなんと1900キロもある
絶海の孤島です。
この島まで5000年の旅をしたオーストロネシア人。
ラピタ土器で有名なラピタ人もアフリカ東岸のマダガスカル人も
同じオーストロネシアンです。

この大航海を支えたのが星の航海術です。
星、星座、風、波、雲、鳥、魚、海の色など、ありとあらゆる
自然現象の規則性をもとに、安全に目的地にたどり着く技術。
決して偶然だけに頼った漂流とは異なる人類の知恵です。

昨年日本にもやってきたホクレア号の記憶も新しいですが、
75年の沖縄海洋博にやってきたチェチェメニ号。
西洋の大きな甲板を持った船が登場するはるか前から、
カヌー(アウトリガーだったり双胴船だったりしますが)で
海を渡った人々は私たち日本人と同じモンゴロイドです。、
同じ太平洋の民として海の道でつながっているのです。
すごいぞモンゴロイド!

中国大陸から太平洋に目を向けた谷村新司の今後の活躍に
注目です。
なにはともあれ、小説「昴」を読まねば!

昴


僕も時々手伝っています。よかったらご覧下さい。≫京都関西グルメ本

喫茶店 谷村新司
★今日のタニムラさんの順位は?
人気blogランキングへ



谷村新司の曲 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tanimurashinj.jugem.jp/trackback/139
この記事に対するトラックバック
喫茶店 谷村新司
喫茶店谷村新司のバナーです。
(ぽんちゃん作成アリガトウ)
リンクの方ダウンロードでどうぞ。

京都関西グルメ本
関西のグルメ情報。
時々お手伝いしています。↓↑
≫京都旅楽【たびたの】

友達のブログです
京都旅楽
旅関係の友人達が正直な旅情報を!
というコンセプトで作っている旅サイト。
よかったら覗いてみてください。
情報が多くて結構役に立ちます。
≫旅楽トラベル【たびたの】

シニアおじさん
スポーツマンおじさんが語るスポーツ話
金融リタイアマン
会社を卒業した友人の株ひとりごと